UNIPRES

ステークホルダーとの関わり

ステークホルダーとの関わり

私たちは社会の一員として積極的かつ継続的に社会貢献を行い、地域社会の発展に貢献します。また、世界の文化や慣習を尊重し、その発展に寄与する経営を行います。

■ 地域社会との関わり

コミュニティへの参画

トリコロールクラブ協賛

トリコロールクラブとは、横浜マリノス(株)が企画運営する組織で、Jリーグ『百年構想』のもと地域貢献活動に取り組んでいます。当社も横浜F・マリノスが横浜市を拠点とするスポーツチームであること、社会・地域に密着した貢献活動を実施していることに賛同し、協賛企業として参加しております。
活動の詳細は、トリコロールクラブのウェブサイトをご覧ください。

<トリコロールクラブ>http://www.f-marinos.com/club/sponsor/tricoloreclub

「田んぼの周りの生き物調査」に参加

栃木工場(小山)がある小山第一工業団地では毎年7月と9月に工業団地近隣の自治会主催で「田んぼの周りの生き物調査」が行われており、当社の社員や家族も参加しています。企業から排出される「水」の状況を地域住民の皆様と企業が一緒に確認するもので、田んぼの周りの生き物を採取して公民館に持ち帰り、どんな生き物がいたのかを発表しています。
栃木工場では工業廃水を油水分離装置を介して排出しており、地域社会への環境影響に配慮した生産活動を行っています。今後も自然豊かな環境を後世に伝えていくため、環境保全活動に取り組んでいきます。

教育及び文化

全日本学生フォーミュラ大会へのスポンサーシップ 

全日本学生フォーミュラ大会は、フォーミュラスタイルの小型レーシングカーを学生が自ら企画・設計・製作し、走行性能・設計・コスト等、モノづくりの総合力を競うものです。当社は、学生の「モノづくり育成の場」である同大会をスポンサーシップ活動を通じて支援しています。

※学生フォーミュラの詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.jsae.or.jp/formula/jp/

社会的投資

「ゆうらいふ21」協賛 日産労連NPOセンター「ゆうらいふ21」は、日本における社会福祉の向上に寄与することを目的に、チャリティーキャラバン、クリスマスチャリティー公演などの啓蒙、文化促進事業を行っております。当社もこの精神・活動に賛同し、支援しています。

活動の詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.u-life21.or.jp/

子供たちの未来を支援「交通遺児等育成基金」

自動車事故で父親や母親を失った子供たちは、ある日突然「交通遺児」となり、不安がいっぱいの人生を歩み始めます。
このような遺児家庭の生活基盤の安定を図り、子供たちの将来を少しでも明るいものにしてあげたい・・・という願いから、1980年8月、国と民間団体の協力によって財団法人交通遺児育成基金が設立され、交通遺児の育成事業が始められました。
この交通遺児育成基金制度は、自動車事故で親を失った交通遺児が、損害保険会社などから支払われる損害賠償金等の中から、拠出金を交通遺児育成基金に払い込んで基金に加入すると、これに国や民間からの援助金を加えて安全・確実に運用し、お子様が満19歳に達するまで育成給付金を支給していく制度です。
これまでに延べ3,200名を超える交通遺児が加入され、既に給付完了となられた方などを除くと、現在加入している遺児は1,400名を超えます。

活動の詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
<財団法人交通遺児等育成基金>
電話番号:03-5212-4511 http://www.kotsuiji.or.jp/

植林・森づくり活動「more trees」

いま、地球上では急速な森林破壊が進み、地球温暖化が危機的な状況を迎えています。これまで環境問題や国際平和活動に様々な形でコミットしてきた音楽家・坂本龍一氏は、植林・森づくりによってCO2の吸収源としての森の再生をはかりながら、人類と文明を絶望的な危機から救わなくてはならないと感じていました。そして2007年7月、坂本氏をはじめ細野晴臣氏、高橋幸宏氏、中沢新一氏、桑原茂一氏5名の発起人および各界から100名以上の賛同人を得て、more treesを設立しました。
森にはCO2を吸収・固定する機能(カーボンオフセット)はじめ、生物を育む機能(生物多様性)や水を蓄える機能(水源涵養)など多くの機能があるにも関わらず、これまであまり知られていませんでした。more treesでは、こうした森の持つ力をみなさまにお伝えしつつ、その機能を回復させるための森づくりを展開しています。
国内では自治体や森林組合、民間と連携した森林整備を、また海外ではNGOや地域社会と連携しながら、more trees独自のプロジェクトを展開しています。

活動の詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
<一般社団法人more trees>
電話番号:03-5770-3969 http://www.more-trees.org/