UNIPRES

ステークホルダーとの関わり

ステークホルダーとの関わり

私たちは社会の一員として積極的かつ継続的に社会貢献を行い、地域社会の発展に貢献します。また、世界の文化や慣習を尊重し、その発展に寄与する経営を行います。

■ 社員との関わり

労働における安全衛生

安全基本ルールの社内展開
ポケットサイズの「安全基本ルール」を作成し、全社員に配布しています。部署のミーティングや会議の前に安全唱和を行い、安全に対する意識を高めています。

救命措置講習会

「救命措置ができる人が会社にたくさんいれば、それだけ多くの仲間を救える」との考えのもと、心肺蘇生法やAED(自動体外除細動器)の使用方法に関する講習会を開催しています。
上級救命講習の認定を受けた社員も参加して、参加者へアドバイスしながら救命措置について学んでいます。

社会対話

「かぞく工場見学会」を開催

普段見る事のできない「働くお父さん・お母さん」たちの姿を見てもらうために「かぞく工場見学会」を富士事業所、富士工場(富士宮)、栃木工場(小山)、栃木工場(真岡)にて開催しました。工場見学会では子供たちに「働くお父さん・お母さん」のありのままの姿を見てもらうことで、働くことの大変さや親が頑張っている様子を実感してもらいました。
また、工場見学を通じてユニプレスを理解し、好きになってもらえる良い機会となりました。今後も、家族に自慢できる魅力的な工場にしていきたいと社員の士気も上がりました。

ダイバーシティ

人事方針

人事方針として「ダイバーシティ」を掲げ、国籍・性別・年齢などにとらわれることのない採用活動を実施しています

海外会社新入社員が富士工場で研修

ユニプレスメキシコ会社へ入社し、トランスミッション部品の生産を担う女性新入社員9名を研修生として富士工場で受け入れ、生産ラインや品質検査などに関する教育を行いました。女性の力を活かすと共に、将来の管理職として活躍することが期待されます。

海外語学留学制度

グローバル人材としての基礎力を身に付けるため、海外の語学学校で集中的に英語を学ぶ海外留学制度を設けています。ホームステイでの日常生活を通じた異文化体験に加え、世界各国からの留学生と交流することで海外で通じる語学力やコミュニケーション能力を身に付けることを目的としています。

社員のワークライフ支援

従業員が充実した会社生活を過ごせるよう、人事制度や福利厚生制度でサポートしています。

項目 内容
福利厚生制度 マイセレクト 選択型福利厚生制度で、毎年一定金額がポイントとして支給され、人間ドックや各種スクール受講料、旅行費用など、各自のニーズに合わせて利用できます。
慶弔見舞金結婚をはじめとする慶弔や休業、災害の際に見舞金などが支払われます。
マイカー購入補助社員本人や家族が車を購入する場合、ユニプレスの金利優遇ローンを利用する事ができます。
永年勤続表彰・永年勤続慰労旅行長年ユニプレスに勤めている方に、祝儀と記念品を授与します。また、勤続20年で家族旅行の補助が出ます。
その他独身寮・社宅、持株会、財形貯蓄などがあります。
人事制度 結婚休暇 結婚する時に7日間の休暇が付与されます。子供が結婚する時は2日、兄弟姉妹が結婚する時も1日付与されます。
産前産後の休暇、出産休暇出産予定日前後の14週間、配偶者は出産後3日間の休暇が付与されます。
育児休業・子供の看護休暇同居する1歳未満の子供の養育のため、一定期間休業することができます。また、小学校就学前の子供の看護の際に休暇を取得できます。
育児短時間勤務基準勤務を基本に1日当たり1~2時間の範囲で勤務時間を短縮でき、仕事と育児の両立ができます。
復職制度結婚や出産、介護などの理由で退職した方を対象に、離職5年以内であれば復職できる制度です。
介護休業、介護休暇要介護状態の家族を介護する場合に、最長1年間の介護休業または介護休暇を取得できます。
定年退職者再雇用制度定年到達後も再雇用を希望する場合、業務遂行に支障がない限り有期社員として就業することができます。

職場における人材育成および訓練

社員のタイプに合わせた英語力向上研修など、幅広い教育制度を整えております。

項目 内容
教育制度 英語力向上研修 社員のタイプに合わせた英語教育のクラスを設定し、通学制のマンツーマン教育、TOEIC対策講座などを受講できます。
自己啓発通信教育語学から公的資格、ビジネススキルまで100以上ある講座の中から、自分の目標に合った通信教育を受講できます。
階層別教育新入社員研修、入社3年目研修、中堅社員研修、新任基幹職研修などがあります。
その他選択型研修、新入社員フォローアップ研修などがあります。