UNIPRES

ステークホルダーとの関わり

ステークホルダーとの関わり

私たちは社会の一員として積極的かつ継続的に社会貢献を行い、地域社会の発展に貢献します。また、世界の文化や慣習を尊重し、その発展に寄与する経営を行います。

■ サプライヤーとの関わり

      

ユニプレスの調達方針

      

ユニプレス株式会社は、以下の3つの基本方針に基づき調達活動を行います。

1.公正な取引の実施

・当社は、国内外すべてのお取引先と対等・公正・透明な取引関係を構築し、ビジネスパートナーとして、互いを理解・尊重し、共存・共栄をめざします。

・また、当社経営理念のもと、つねに新技術、高品質、低コストを追求し、お取引先と一体となって競争力強化に努めます。

2.CSR調達の遵守

・近年、当社は、社会的な情勢の変化に伴い、労働条件の改善、CO2排出量やエネルギー使用量といった環境データの開示ならびに削減目標の設定、
 地域貢献の拡大、BCP等のリスク対策の実施など、さまざまなCSRに関する活動に取り組んでおります。

・当社は、お取引先に対しても、社会の一員としてCSR活動を理解し、積極的な取り組みのご協力をお願いしております。

 ①法令順守
 ②社内体制の強化
 ③サプライチェーンへの周知徹底

3.グリーン調達への取り組み

・当社は、ユニプレス環境方針、グリーン調達ガイドラインのもと、社員一人ひとりが自主的に地球及び地域の環境保護に努めております。
 また、製品開発にあたり、製品の安全性はもとより、環境に与える影響を最小限に抑えるため、環境負荷物質の削減、
 省資源・省エネルギーを念頭に行っております。
・更には、自動車産業全体として、カーメーカーから中小部品メーカーに至るサプライチェーンがそれぞれの立場で社会的責任を果たしていく事が必要と
 考えており、お取引先に対してもグリーン調達への取り組みのご協力をお願いしております。

       

サプライヤーCSRガイドライン

ユニプレスではサプライチェーン全体でCSRに取り組むことが重要と考えています。
お取引先の皆さまをCSR活動のパートナーと位置づけ、ともに活動いただくため、「ユニプレス サプライヤーCSRガイドライン」を発行しました。

ユニプレス サプライヤーCSRガイドライン(149KB)

優秀メーカー表彰

ユニプレスでは優良な取引先との関係強化を目的とし、品質・納期・コストなど、特に貢献いただいた数社を選定し、各年度ごとに表彰しています。それにより、品質および総合力の向上を促進しています。

■ 海外グループ会社の取り組み

海外拠点の労働における安全衛生

  • 【ユニプレスイギリス会社】
    This person is responsible for your safety.
    工場建屋の社員用入口には、「この人はあなたの安全に責任があります」と書いた鏡が設置してあり、自分を映した時に安全が守れる服装をしているか、意識してチェックすることができます。

  • 【ユニプレスメキシコ会社】
    ・工場の一角に正しい作業服の着用見本を設置し、見本と自身を見比べて服装チェックを行っています。

  • 【ユニプレス広州会社】
    家族写真入り安全宣言ボード安全宣言のボードに自分の顔写真だけではなく、家族や大切な人の写真と共に安全宣言を張る事で、この人たちのためにも絶対に怪我をしないという気持ちを強めています。

  • 【ユニプレス精密広州会社】
    安全に対する啓蒙活動の一環としてクイズイベントを実施しています。安全に関する問題に正解すると賞品がもらえ、楽しみながら安全に対する意識を高めています。

  • 【ユニプレスサウスイーストアメリカ会社】
    同社のあるミシシッピ州は全米一肥満率が高いため、社内クリニックでは社員の健康を考えて万歩計を無料で配布し、「3ヵ月間で160マイル(約32万歩)を目指そう!」をテーマにしたウォーキングチャレンジを実施しました。期限までに目標を達成した社員には賞品がプレゼントされました。
    今後もダイエットや禁煙など健康増進を目的とした企画を行っていきます。

地域社会への貢献

  • 小学校への支援活動
    ユニプレスインドネシア会社では地域貢献活動の一環として、会社の所在するKBI工業団地の日系企業と共同で地域の小学校へ文具類の寄付活動を行っています。この活動は10年以上続けられており、今後も地域の発展に協力するため活動を継続していきます。

  • クリスマスの寄付活動
    ユニプレスアラバマ会社では、クリスマスシーズンに様々な寄付活動を行っています。その中でも”Can Food Drive”と呼ばれる保存食の寄付を募る活動では、多くの社員が缶詰などを持ち寄ります。集まった保存食は会社のあるアラバマ州スティール市に寄付され、市から収入の少ない家庭などに配られます。