UNIPRES

トップからのメッセージ

 平成28年度の連結業績につきましては、売上高は円高による為替換算影響等により3,211億円と減収となりましたが、利益につきましては、従来から取り組んでいるUPS(Unipres Production System)活動を深化させ合理化に努めた結果、営業利益230億円、経常利益230億円、親会社株主に帰属する当期純利益143億円と増益となりました。
 当年度はグローバル戦略の一環として、ユニプレスメキシコ会社の組立新建屋を建設し、ユニプレス鄭州会社では組立エリアを約2倍に拡張いたしました。
 加えて、中国 広州に東風(武漢)実業有限公司とのホットスタンプ部品事業の合弁会社、東風ユニプレスホットスタンプ会社を設立し、平成31年4月の操業開始に向け、工場の建設を進めております。
 日本市場の長期低迷や新興国市場の成長鈍化、また、アメリカのトランプ政権の政策やイギリスのEU離脱による動向が、自動車業界の経営戦略に大きく影響を与えかねない状況となっており、当社を取り巻く環境はますます厳しさを増しています。この難局を乗り越え、チャンスを確実に活かすことのできる強靭でかつ柔軟な企業体質の構築を目指し、グローバルユニプレスが一丸となってUPS(Unipres Production System)活動を一層深化させ、収益力と競争力を高めてまいります。今後とも倍旧のご支援ご鞭撻をお願い申し上げます。

平成29年6月

代表取締役 社長執行役員 吉澤正信

トピックス

各地で個人投資家向け説明会を実施しております

 当社は、毎年個人投資家向けに会社説明会の開催やIRイベントへの出展を行っております。
 平成28年度は、全国12ヵ所で会社説明会を実施いたしました。事業内容や当社の強み、財務状況、株主還元などについてご説明し、多くの個人投資家のみなさまに当社への理解を深めていただくことができました。
 本年も各地で会社説明会を予定しておりますので、お近くの方は是非お越しください。 

 ※今後の会社説明会開催予定についてはこちらをご覧ください。