UNIPRES

  • グローバルNo.1のプレストータルエンジニアリング

    デザイン・イン― 自動車メーカーのニーズにあわせた新型車の設計提案から、部品の開発、試作、量産まで。
    プレスに関わるすべてを手がけるプレストータルエンジニアリングが、ユニプレスの強みです。

  • 車体プレス技術 軽さと安全性の「知恵の輪」を解く。

    車体を軽くするために鋼板を薄くすると、衝突時の強度が損なわれ、安全性に問題が出てしまう。
    軽量化と安全性は両立が困難なテーマです。ユニプレスでは、ハイテン成形技術と製品設計技術の2つのアプローチで、この難問を解決します。

    ハイテン成形技術

    軽くて強いハイテン材を、自在に加工し適用を拡大します。

    製品設計技術

    車体構造を最適化し、軽さと強度を両立します。

    車体プレス技術 車体を構成する部品の一つひとつが、
    クルマの新たな付加価値を提案
    します。

    ユニプレスでは、自動車メーカーのあらゆるニーズに応えて、優れた性能と
    軽さを併せ持つクルマを実現するために、
    車体を構成するモジュールごとに独自の設計提案を行っています。
    部品の一つひとつにユニプレスならではの技術が活きています。

  • 精密プレス技術 この精密さも、プレスでつくる。

    動力を伝達する自動車用のトランスミッション部品には、精密さと強度が求められます。
    トランスミッション部品事業は、車体プレスで培った技術力を発展させた独創的な技術で、それまでの鋳鍛造と切削による工法をプレスに置き換え、高強度と1/1000mm単位の加工精度を実現し、大幅なコスト低減を図っています。
    さらに、省資源、CO2削減に繋がる高効率なモノづくりの追求により、地球環境の保全に貢献しています。
    これからのクルマづくりに欠かせない、究極のプレス技術がここにあります。

    精密プレス技術 低燃費で環境に優しいCVT

    高性能トランスミッション部品の創造へ。
    プレス技術の新たな可能性にチャレンジし続けます。

  • 発泡成形材を用いて、軽さに加え空力、耐熱、吸音の複合性を備えた
世界最軽量のフロアーアンダーカバー

※従来製品に比べて50%(1.0kg/台)の軽量化を実現。2008年を基点(当社比)

    樹脂プレス技術 革新的な技術で、
    世界一軽い製品を。

    インジェクション(射出成形)工法が用いられていた樹脂部品を、プレスでつくる。
    樹脂事業は、車体プレスで蓄積した技術を応用した革新的な技術で、グローバルNo.1の軽さや、従来工法をはるかにしのぐ生産性を実現し、コスト競争力のあるプレス製品を提供しています。
    今後は、車体骨格部品の樹脂化など新たな領域にチャレンジ。クルマの軽量化に大きく貢献していきます。

    樹脂プレス技術 オンリーワンの
    プレステクノロジーが、
    樹脂成形の常識を変えていきます

  • 『モノづくりの心をひとつに』を合言葉に、
    世界の拠点で高効率と高品質を達成します。

    生産技術とは、魅力ある製品を世界中のどこの工場でも“効率良く”“高品質”で量産可能とする技術です。
    ユニプレスでは、『モノづくりの心をひとつに』のスローガンのもと、開発から量産工程にわたるすべてのプロセスでプレス・組立独自の固有技術とデジタル技術を融合させることで、高度な生産技術を実現しています。

安全性と軽量化。
2つのテーマを両立する、クルマの骨格部品を開発します。

ハイテン成形技術軽くて強いハイテン材の特性を活用した、世界トップクラスの技術です。

ハイテン材は、板厚を薄くして軽量化しても十分な強度を保つ一方、加工・成形が難しいため、高度なプレス技術が必要とされています。
ハイテン材を活用するためユニプレスでは、成形解析により最終形状を予測して金型に成形要件を織り込み、応力をコントロールしています。主要な骨格部品の6割にまでハイテン材の適用を拡大しています。※2013年時点

ハイテン材の適用拡大

製品設計技術骨格部品のすべてをシステムとしてとらえ、車体構造の全体最適を実現します。

骨格部品を体系的に見つめ、車体構造を見直すことで、自動車メーカーのニーズや要求性能、生産性の向上を実現させる“最適解”を提案します。たとえば、部品分割位置や材質を見直すことで、補強部材の廃止、材料歩留まり・生産性の向上を図り、大幅なコスト削減や軽量化を実現する構造を提案します。
ユニプレスは、“最適解”を導く独自の解析ツールを開発し、提案までの検討期間を大幅に短縮しています。

車体構造の最適化リサイクル