UNIPRES

先輩が語るユニプレス

困難を乗り越え、納得できる形状の部品が作れた時に、やりがいを感じます。 樹脂技術開発センター 設計グループ 福本 竜也 2013年入社

自動車の樹脂部品の設計開発を行っています。

私の所属している部署では、樹脂(プラスチック)部品の設計開発を行っています。主な部品はアンダーカバーと呼ばれるカバー類で、小石や泥水から部品を守る機能や空気の流れを良くすることで、燃費向上に寄与するための部品です。そうしたカバー類部品の形状をCADと呼ばれるソフトを用いて設計したり、新たな工法の開発を行ったりすることが、私の所属部署の主な役割です。


部品に付いている形(凹凸や穴)はすべて緻密な計算によって作られていて、無駄なものはありません。そのため、部品の形状を考える際には、考慮しなければならないことが多く非常に大変ですが、そうした難しさを乗り越えて、自分で納得できる形状の部品が作れたときには、大きなやりがいを感じますし、新たな部品の設計を重ねる度に設計業務の奥深さを感じます。


現在私は“設変(設計変更)”と呼ばれる、既に生産されている既存部品の形状や構成部品を変更する業務を行いながら、設計について学んでいます。既存部品はそもそも緻密な計算によって作られており、どんなに小さくても、部品の形状一つひとつにはすべて意味があります。そのため、部品の設変の際には、まず現状の形状が持つ意味を知っていることが求められます。簡単そうに見える形状変更でもいざ作ってみるとなかなか難しく、わからないところは先輩社員に教えてもらいながら進めています。

まだまだ現部署での経験が少ない私は、設変をしながらも、設計業務そのものについて学ばなければならなりません。これから経験を積み、私も先輩方のように何もない状態から最終形状までのプロセスをすべて設計できるようになりたいと思い日々精進しています。

モットーは、学んだことは振り返りながら着実に身につけていくことです。

今は、仕事に関してまだまだ覚えなくてはならないことだらけで、日々勉強の毎日です。配属当初は、「早く先輩たちのように数多くの部品を素早く設計できるようになりたい」と焦ることもありました。思うように仕事がはかどらず焦っている時、先輩から、「時間が掛かっても、学んだことを自分で文書にまとめ、後で振り返ることができるようにしておくことをしないと、仕事は身に付かないよ」と言われました。次のことばかりに気を取られていましたが、今までの経験をしっかりと自分のものにしていかなければ、技術者としての土台はできあがりません。


傍から見ると当たり前のように思えるかもしれませんが、一人前になれない焦りともどかしさから、当初の私はそんな当たり前のことにすら気づくことができずにいました。しかし、そういった私の姿を先輩方はしっかりと見てくださっていて、的確なアドバイスをいただき、それからは落ち着いて仕事に取り組むことができるようになりました。まだまだ先輩たちに学ぶことが多く勉強の日々ですが、当面の間は、焦らず、今やっている仕事を一つひとつ振り返りながら身に着けていき、近い将来必ず職場で活躍できる人材になれるよう、頑張っていこうと思っています。

自ら開発から設計までを手掛けた部品を生み出すことが目標です。

また、今は設計業務についての経験を積んでいきますが、いつかは開発業務にも深く携わっていきたいと考えています。そして将来は、設計も開発もでき、幅広く活躍できる技術者になりたいと思っています。そして、自ら開発から設計までを手掛けた部品を世に生み出すことが今後の目標です。

ユニプレスへの入社を決めた理由

決め手は「会社説明会で感じた雰囲気の良さと技術力の高さ」

私は大学で樹脂について学んでいたため、その知識を少しでも活かしたいと思い、就職活動をしていました。

ユニプレスは樹脂部品をプレスで作る珍しい会社で、樹脂部品のプレス加工に関する独自の工法特許を持っていることもあり、興味を持ちました。

技術力の高さも魅力的でしたが、入社の一番の決め手になったのは会社説明会で感じた“雰囲気の良さ”です。ユニプレスの会社説明会では、若手の社員たちが仕事のことやプライベートのことを満面の笑顔で生き生きと楽しそうに話している姿が印象的で、「ユニプレスは雰囲気の良い会社なのだな」と思ったことを覚えています。

「世界に通用する高い技術力があり、そのうえ雰囲気が良い会社であれば、仕事にやりがいを感じながら、長く働けるのではないか」と思い、ユニプレスへの入社を決めました。

先輩からの就職活動アドバイス!

視野を広く楽しんで就職活動をしてください。私の就職活動の初期段階は、大学で樹脂を学んでいたため、当然のように選択肢を化学系メーカーに絞っていました。しかし、中盤以降は視野を広げ、「何らかの形で樹脂に携われる仕事」の会社を探すことにしたことで、ユニプレスに出会うことができました。

就職活動は先も見えず不安な気持ちになることもあるかと思いますが、ぜひその中で業界を限定せず、幅広い業界の中から、就職先を見つければよいと思うと、今までとは違った会社が目に入るようになり、就活が楽しくなるはずです。ぜひ自分なりの楽しみを見つけ、就活を楽しんでください。