UNIPRES

先輩が語るユニプレス

車の走行性能に直結する製品の原価低減活動からは、幅広い知見が得られます。 TM技術開発センター T/C設計グループ 平井 佑樹 2011年入社

トランスミッションを構成するクラッチ部品の原価低減活動を行っています。

私が所属するTM技術開発センターでは、主にオートマチックトランスミッション(自動変速機)部品の設計開発・生産ラインの工程設計・新規技術の開発などを行っています。一般的にオートマと呼ばれる車に搭載されているこの部品の役割は、エンジンの回転を走行速度ごとに最適な回転へと変換し、タイヤに伝えることです。自動車の発進・加速・燃費などの走行性能に直結する部品なので、部品の精度も1/1000mm(ミクロン)単位で要求され、高い技術と知識が必須となっています。


現在、私はトランスミッションのクラッチ部品の原価低減活動を行っています。通称VA(Value Analysis=価値分析)と呼ばれるこの活動の目的は、一言で言えば、製造コストを低減し、利益を増やすことです。そのためには、ムダな加工を減らしたり、あるいは部品を作る時間を短くして人件費を抑えたりと、様々な手段がありますが、品質を損なってはなりません。年々要望が高まっている走行性能を左右する部品なので、“安かろう悪かろう”は通じません。私は設計エンジニアとしてその活動に取り組んでおり、日々「より効率よく部品を作るにはどうすれば良いか」頭を悩ませながら仕事をしています。

設計以外にも、生産技術・原価構成・品質・評価・購入部品等、必要知識は多岐に渡ります。

原価低減活動を進めるためには、“何でもやる”ことが重要です。VAの仕事をしていると、自身の関わる範囲が広くなります。私は設計なので設計業務を行うのは当然ですが、より安価に部品を作るには、生産技術のことも、原価構成のことも、品質のことも、評価のことも、そして購入する部品等のことも、ほとんど全て知識を持っていなければ仕事になりません。しかし、一人で全ての分野を完璧にこなすことは当然不可能なので、各部署のプロフェッショナル達に、「私はこう思いますが、どうですか?」と突っ込んでいくような仕事をしています。


また、入社6年目に初めて中国の拠点に行った時は衝撃でした。それまで海外拠点で生産する部品を扱うことは頻繁にあったので、グローバルとの繋がりは意識していたつもりでしたが、予想と大きく違いました。言葉が違うとかそんなレベルではありません。打ち合せをしても、お互いが気にするポイント、望む答え、そして価値観…何もかもが違います。それらをすり合わせるためのツールである言葉もろくに通じない中、身振り手振りを交えて意思疎通を図り、なんとか仕事を成し遂げましたが、言葉が通じることがどれだけ大事なことなのかを痛感しました。

そういった経験も踏まえ、現在私が仕事をする上で重要視しているのは、連絡を取る際にはメールより電話、電話より直接顔を合わせるということです。名前も顔も知らない人から仕事の依頼を受けるのと、仲の良い人から受けるのとでは、仕事に対してのモチベーションはまるで違うはずです。少なくとも私はそうです。そのため、逆に私から仕事を頼む際は直接顔を繋ぎ、仲を深めなければ上手く仕事はできないはずだと思い、常にこのことを心掛けています。


基本的に出不精な私ですが、連続5日間の休暇制度であるリフレッシュ休暇(土日含めて9日間)では、必ず旅行に出かけています。目的は美味しいものを食べて、文字通りリフレッシュすることです。北海道に行って、山盛りのいくら丼やジンギスカンをたらふく味わったり、九州をグルっと一周し、新鮮すぎて透明に近い色のイカ刺しや黒豚のトンカツ、関アジのお造りなど、各県の美味しいものを食べ尽したりと楽しんでいます。

今まで誰もできなかった仕事をできるようになりたいと思っています。

入社して非常にお世話になってきた諸先輩方は、必ずと言ってもいいくらい、複数分野の知識や経験があります。製品設計エンジニアの方でも、生産技術分野に精通していたりします。私の目標は、まずは設計の分野で諸先輩方に並び、その後新たな知識を身につけて、今まで誰もできなかった仕事をできるようになることです。

ユニプレスへの入社を決めた理由

自分が成長するのに最も良い企業だと思えたから

就職活動の初め、大学での専攻は機械系だったため、やはり製造関係の設計や生産技術の仕事がしたいと思っていました。ただ一方で、業種に関してこだわりはなく、自動車以外にも造船・プラントや、果てには製薬会社の選考も参加しました。それから、私は福岡出身なので、「若い内はどこで仕事をしても良いけれど、将来的には地元九州で仕事をしたい」と思っていたので、九州に支社や工場があることも重要なポイントでした。


また、大学時代にお世話になっていた人に「就職するなら大企業に行け」と言われたことがありました。大企業なら「安定している」とか「給料が良い」といったことではなく、「色々なことが経験できる」が一番の理由でした。「井の中の蛙大海を知らず」ということわざがあり、大海に出て色々なものに触れないと成長はできない。だから、色んなことができる企業に行け、というその人の言葉が胸に残っており、ユニプレスが最もそれに近いと思い、入社を決めました。

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動で最も大事なことは、働くうえで自分が最も重視するポイントを定め、なおかつそれを満たす企業を探すことだと思います。どんなに周囲の評価が高い企業に行こうと、その風土や環境が身に合わないこともありえます。高い給料が欲しいのか、安定した企業で働きたいのか、様々な経験を積みたいのか、地元で仕事をしたいのか…皆さん重視するポイントがあるはずです。最も自分が重視する点は何なのか。そこを満足する企業なら、仮に物凄く大変な仕事であってもやり遂げることができるでしょう。私がそこに気づいたのは、就職活動を始めてからかなり経った後だったので、皆さんはそうならないよう、就職活動を始める前にしっかり考えてみてください。そうすれば、きっと良い就職先に巡り合えるはずです。