ユニプレス株式会社

プレストータルエンジニアリング

グローバルNo.1のプレストータルエンジニアリング

デザイン・イン― 自動車メーカーのニーズにあわせた新型車の設計提案から、部品の開発、試作、量産まで。
プレスに関わるすべてを手がけるプレストータルエンジニアリングが、ユニプレスの強みです。

設計提案から始まる一貫したモノづくり。すべての活動に、UPS思想が貫かれています。

各工程では、「モノづくりの心をひとつに」を合言葉にUPS(UnipresProduction System)活動があらゆる局面で浸透しています。
生産、開発、管理の全部門が一体となり、UPS活動のもと知恵と工夫で生産性向上や高付加価値化を推進しています。
ユニプレスは自動車用プレス部品メーカーのグローバルNo.1をめざします。

センターピラーの製造工程

主要な車体骨格部品であるセンターピラーの製造工程をご紹介します。安全性確保のための高剛性と高強度が要求される部品です。

コイル材
連続加工しやすいコイル状の鋼材を搬入します。
↓ ブランキング
コイル材を、ブランキングプレスで必要な大きさに型抜きします。
↓
  • テーラードブランク
軽量化と強度を両立するため、性能や厚さの異なる鋼板をレーザー溶接で接合して1枚の板にします。
↓
トランスファープレス
1台のプレス機で、鋼板の成形、曲げ、穴あけ、切断などの加工を連続して高速で行います。3000トン級のトランスファープレスで生産。
↓
  • ホットプレス
プレス部品の成形・焼き入れ技術により、超ハイテン材を越える高強度で高精度の部品を生産します。
↓
アッセンブリー
プレスで成形した部品をスポット溶接などで接合します。ロボットや治工具の活用で生産性を向上させています。
↓ 完成
自動車メーカーが要求する納入サイクルにあわせて生産することで、在庫をなくし、リードタイムを短縮しています。