ユニプレス株式会社

先輩が語るユニプレス

仕事を通じて会社の理解を深め、専門知識を身に付けていける点が魅力です。 経理部 主計グループ 笹尾 将希 2013年入社

月次決算情報は、経営の意思決定を行う際の基礎資料になります。

私が所属する経理部主計グループでは、主に、月次や四半期ごとの決算業務、消費税や法人税の申告書作成などの税務関連業務を行っています。

決算では、ユニプレス本体だけではなく、国内や海外の子会社を含めた全ての関連企業の会計情報を集計し、ユニプレスグループ全体としての決算書を作成しています。毎月行う月次決算の結果は、社外に公表されるわけではありませんが、経営陣が重要な意思決定を行う際の基礎資料として用いられます。そのため、単に出てきた数値を集計するのではなく、集計された決算数値を当初の計画値と比較し、変動要因を分析するなど、経営陣の意思決定に役立つ精度の高い情報を提供しなければなりません。

また、税務では、申告書の作成以外にも、税制改正への対応等も行います。他部署と協力しながら、税制改正に対応したシステムの改修や業務の処理方法の変更を行うことで、適切な会計処理や申告できるよう準備を進めていきます。

仕事を通じて会社の理解を深め、専門知識を身に付けていける点が魅力です。

現在私が行っている固定資産関連の業務では、ユニプレスが扱っている金型や設備に関するさまざまな取引に応じた会計処理を行います。そうした会計処理を通じて、ユニプレスが行っている“モノづくりのプロセス”についてあらためて理解を深められる点は、当社の経理業務ならではの魅力だと思います。


また、私は担当業務の関係から、他部署から税に関する質問を受けることがあります。その際、私は、質問者から取引の内容等をヒアリングし、書籍等で関係する法律を調べ、根拠をもってそれぞれの質問に返答していきます。新たな課題が出る度に関連情報を収集し、根拠を持って相手に説明していくことは決して簡単ではありませんが、私が大学院で学んだ会計の知識を生かしながら、仕事を通じて新たな専門知識を身に付けていけることも、この仕事の魅力の一つだと感じています。

業務の全体像や、手続きが必要な根拠を理解して仕事に取り組むことを心がけています。

私が仕事を行ううえで留意しているのは、業務の全体像をできるだけ理解することです。私は、配属されてすぐ、固定資産関連の業務を引継いたばかりの頃、業務の全体を理解せず、手順の一つを抜かして作業を行い、ミスを起こしてしまったことがありました。

「その手順がなぜ必要なのか」をきちんと理解していれば、そのようなミスは発生しなかったはずでした。私は、それ以来、新たな仕事に取り組む際は、単に目の前の作業に取り組むのではなく、自分で考えたり、上司や先輩に質問をしたりすることを通じて、できる限り業務の全体像を理解することを心がけています。


経理の仕事は、会計基準の新設・改定等に応じて、社内のデータ処理の方法や集計項目の変更といったことを、他部署の方々へ依頼しなくてはいけない仕事です。当然ですが、従来のやり方を変更する際は、その根拠をきちんと説明し、相手に納得してもらう必要があります。そのため、自分自身が、会計や税務に関する基本情報だけでなく、業務の全体像や各手順の必要性を正確に把握していることが、とても重要です。


海外との取引が増加する中、ユニプレスでは、国際税務に関する業務の重要性が増してきています。私は、全体像や根拠を押さえた仕事を通じて、幅広く税務業務に関する知識と経験を蓄積し、将来は「税の専門家」として仕事ができるようになりたいと考えています。

ユニプレスへの入社を決めた理由

決め手は「海外進出を積極的に行っていて、今後の成長性を感じたこと」

私は、大学院では会計学を専攻していたため、「今まで身に付けた知識を生かせる経理の仕事をしたい」と思っていました。製造業の企業であれば、財務会計だけではなく、原価や管理会計など、幅広い分野で会計の知識を生かせるのではないかと考え、メーカーを中心に就職活動を行うことにしました。


特定の業界に就職先を絞っていたわけではありませんでしたが、私は地方の出身ということもあり、多くの人の生活必需品となっている自動車に関わる産業に興味を持ったこと、また、海外も含めると、自動車需要は今後も増加すると予測されており、将来性のある業界だと感じたことから、自動車業界の企業に比較的多く応募しました。


自動車部品関連の企業の業績を調べてみると、景気の後退や円高等の影響で、2009年度以降赤字に転落するなど、当時は業績が大きく落ち込む企業も多くあるなか、ユニプレスは利益を確保し、黒字を維持していました。そのことから、「ユニプレスは、堅実な経営方針と、それを支える優れた技術力を持っている企業なのではないか」と感じるようになりました。

また、海外に新しい拠点を複数設立しており、売上も堅調に推移していたことから、将来性のある企業だと感じ、ユニプレスへの入社を決めました。

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動を始めてみると、募集を行っている企業は非常に多いため、選択肢の多さに、どの企業を受ければよいか、戸惑ってしまうこともあると思いますが、就職活動はさまざまな企業を見て、仕事について詳しく知ることができる非常に良い機会です。いろいろな会社について深く調べたり、働いている人の話を聞いたり、その企業に実際に足を運んだりできるのは、就職活動生の特権です。今後多くの時間を費やすことになる仕事について、できるだけ具体的なイメージを膨らませながら、就職活動に取り組んでいくことが、よい結果につながるのではないでしょうか。