UNIPRES

社長ごあいさつ・経営理念

社長ごあいさつ

「プレスを究めて、プレスを越える」

「プレスを究めて、プレスを越える」
他社の追随を許すことのない究極のプレス技術を求めつづけるユニプレスの経営理念です。
この言葉の意味するところは、常にその時代をリードするプレスの最先端技術を低コスト・高品質かつ安定して生産できる量産技術の域まで高めながら(究めて)、更に高い次元での機能・価値の創造にチャレンジし続けて新たなプレス製品を生み出す(越える)ということです。

市場のニーズを先取りし、製品・材料・金型・設備の全てを一貫してより高い次元で融合させる独創的な技術開発と、当社の経営改革の支柱であるUPS(Unipres Production System)活動を通して、現状に満足することなくいつの時代にもグローバルNo.1企業を目指し進化を続ける姿がそこにあります。

「プレスを究めて、プレスを越える」の経営理念のもと、『モノづくりの心をひとつに』をスローガンに常に高い水準にチャレンジし続け、100年に一度といわれる自動車産業の大変革期にも求められる革新的メーカーとしてみなさまに信頼していただけるよう努力致しますので、よろしくお願い致します。

代表取締役社長執行役員 浦西信哉

ユニプレスの経営理念

「プレスを究めて、プレスを越える」
  • ■われわれは、技術を進歩させ、応用し、革新を起こして世界に通用する自社製品の完成を目指す。
  • ■われわれは、この役割と責任に対し、誠実をつくし、不断にその源泉を養生する。