UNIPRES

ユニプレスのサステナビリティ

トップメッセージ

高度なプレス技術により、『温暖化防止』『安全性向上』に貢献してまいります

 令和2年7月豪雨により被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
 2020年初頭からの新型コロナウイルス感染拡大は、世界中に混乱を招き、経済へかつてない深刻な影響を及ぼしております。
 全く予測できなかった未曾有の危機下において、当社として今後もあらゆるリスクに備えた対策をしておく必要があると再認識し、より幅広い事態を想定したBCM(事業継続マネジメント)の対応強化を図ってまいります。
 新型コロナウイルスの感染拡大は、同時に、社会生活での働き方を大きく変える契機ともなりました。特に、多くの企業で実施したテレワークの導入・拡充は代表的なものです。当社においてもテレワーク等をはじめとした、柔軟で多様な働き方の推進をCSR課題の一つとして今後も従事してまいります。
 目まぐるしく変化する世の中において、ユニプレスグループが成長・発展を続けるためには、社会に選ばれ、社会から必要とされ、人の役に立たなければなりません。ユニプレスが社会に貢献できることは2つあると考えます。
 一つは地球温暖化を食い止める、その役割の一翼を担っていくことです。現在、自動車業界では、ゼロエミッションを実現するため電動化へのシフトが進んでおります。電動化を成立させるためには車体の軽量化が非常に重要となってまいります。当社は、超ハイテン材やホットスタンプを駆使して軽量化を実現し、今後も電動化を促進するための大きな役割を担ってまいります。
 もう一つは安全です。特に、衝突時の負傷リスクを軽減するための乗員保護は、自動車を生産する上で永久的な課題です。軽量化との兼ね合いもある中で、材料開発や形状の工夫により安全性を満足させる車体構造を作り上げる、そこにユニプレスの技術的なノウハウが活かされているといえます。
 ユニプレスは、強みである高度なプレス技術により今後も社会のニーズに応えるとともに、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。
 2019年度は、2030年度までに達成すべき課題を全社的に洗い出しCSRの中長期目標を策定いたしました。2030年、更にその先を見据えたCSR活動の推進のためには、事業活動全体を通じたステークホルダーの皆さまとの協働が必要不可欠となります。ステークホルダーの皆さまの関心を意識し、対話を重ね、相互理解を深めることにより、今後も期待に応えてまいります。

            代表取締役 社長執行役員 浦西信哉
CSRの取り組み ▼

中長期目標

 ユニプレスグループが持続的な成長を遂げるとともに、SDGs等のグローバルな社会課題の解決を通じて持続可能な社会の実現に貢献することを目的とし、2030年度をターゲットとした中長期目標を策定しました。(2020年2月)
 中長期目標の策定にあたり、中長期的なマテリアリティを特定し、目標達成に向けた取り組みの大枠(達成手段)を策定、各部門の課題への落とし込みを行いました。
 なお、中長期的なマテリアリティは、2020年度の活動から採用し、今後も社会の状況、ステークホルダーの意見等を反映し必要に応じて見直しを行っていきます。
 ここでは、中長期マテリアリティ特定までのプロセスについてご紹介します。


■中長期マテリアリティ



STEP1:検討すべき社会課題の抽出

 GRIスタンダードやISO26000、SASB等の各種ガイドラインの他に、FTSEやMSCI等のESGに関する外部評価や、ベンチマークとしている同業他社、
SDGs等のサステナビリティを取り巻く新たな課題も網羅的に考慮し110の課題を抽出しました。


STEP2:CSR課題を分類・整理

 STEP1で洗い出した110の課題についてE・S・Gに分類するとともに、重複する課題等を整理し当社の事業活動に大きく関連する項目を特定しました。

STEP3:CSR課題の重要性(優先度)を評価

 STEP2で特定した17の課題を“ステークホルダーにとっての重要度”と“ユニプレスにとっての重要度”の2軸で評価を行い、その結果をマトリクスにマッピングして「ユ二プレスグループのCSR重要課題項目(マテリアリティ)」を特定しました。
 重要度の評価の際には、中長期的な当社の取り組み・方針および業界動向等も考慮し、様々なステークホルダーからの期待を反映することに努めました。

STEP4:マテリアリティの特定

 マテリアリティマップにおいて、最も重要性の高い6項目をマテリアリティと特定し、経営会議での経営陣によるレビューを経て決定しました。
 なお、当マテリアリティは2020年度の活動から採用し、各項目について目標および達成に向けた取り組み(達成手段)を関連部署にて検討し、各部門の課題(部門方針)へ落とし込みを行いました。



■中長期目標達成に向けた取り組み



ステークホルダー・エンゲージメント

 ユニプレスグループの事業活動に影響を与える重要なステークホルダーは多種多様です。ユニプレスグループの成長を維持し、かつ社会の持続的な発展を
可能にしていくため、ステークホルダーとコミュニケーションをとり、相互理解・信頼関係の構築に取り組みます。



■ユニプレスグループのステークホルダー


■ステークホルダーへのアプローチ方法


お客様

営業・提案活動、品質保証活動、共同研究活動

従業員

人事評価、教育制度、表彰制度、労使懇談会、内部通報(社内外窓口)、労働安全衛生活動、ストレスチェック、従業員モチベーション調査、各種カウンセリング、
社内報・イントラサイト


お取引先

調達活動、サプライヤーズミーティング、表彰制度

株主・投資家

情報開示(法定開示、東証適時開示、マスコミ、社外ウェブサイト)、株主総会、事業報告書、アナリスト・機関投資家向け決算説明会(2回)、
スモールミーティング(6回)、 個別取材(111名)、個人投資家向け会社説明会(20回)、株主向けアンケート、投資家向けアンケート


地域社会

各種協賛:「トリコロールクラブ」、「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド」「ゆうらいふ21」「富士山女子駅伝」「日産カップ追浜チャンピオンシップ」
「富士まつり」など
寄付:「交通遺児等育成基金」「more trees」
工場見学会:近隣小学校向け、従業員の家族向け
社外ウェブサイトでの情報公開および問い合わせ
経済団体等への参画(自動車部品工業会など)